LIRY コラム原稿

TITLE: 諦めたら、試合終了。

(連載中コラム記事アーカイブ)




短い夏も終わり、はやくも初秋の香り漂う季節になりました。

そう、そしてやはり今年もファッションの秋冬がやってきました。

真夏にオーダーした秋冬ニット類が、じきに届くな~。

あれ???何をオーダーしたんだっけ?と、オーダーシートをさかのぼってしまうような始末ですが、どんな格好をしようかとあれこれ妄想するのは嫌いじゃない。

こんな妄想サイクルが、18歳くらいから、今の今までずっと続いていて、もはや私のカラダの一部のようなもの。

それは、私が動くエネルギーへと変化しているのだと思ってます・笑

同郷(長崎)の先輩が、こんなことを言ってました。

“もう歳だから…とか

もう若くないから…と言って若い環境から身を遠ざけてしまうとそこで終わります。

意識と環境が自分を変えてくれるのです。”と。

(Atelier Beau geste代表 スタイリングコンシェルジュ・ゆきみさん)

LIRY読者の皆さんは、20代の方が多いから、この言葉、いまいちピントこないかもしれませんが、

皆さんの この先10年後、20年後をイメージしたときに、今のようにファッションが大好きで敏感でいてほしい。

そんな人たちがもっと増えたら、もっともっと楽しめることも増えるのだと思います。

いつまでも、キレイでいよう。かわいくいよう。魅力的に感じる人って、老いも若いも関係なく、そういう意識と努力をおしまない人たちなんだって思います。

諦めたら、試合終了。そんな自分にならないように…

この秋冬も、意識と努力で、楽しいシーズンにしたいですね。

ちなみに…それ(お洋服)とおなじくらい、食欲の秋も好きな私。

美味しい秋の味覚も、もちろん楽しみたいですね。



lei-match's room

レイコの部屋。 (Thank you for coming!)

0コメント

  • 1000 / 1000